ぽよちの“ボロ&狭”社宅節約生活☆

四人家族、手取り20万円くらい世帯の専業主婦の節約生活ブログ

スポンサーリンク

【引越し】5月12日(土)の引っ越し作業

スポンサーリンク

おはようございます!OFHoneyです!!

9日に無事に旦那の転職が確定いたしまして、その翌日から早速引っ越し手続きをスタートさせております。

引っ越しまで残りちょうど3週間の昨日。

行った引っ越し関連の作業はこちら↓

  •  引っ越し業者さんに見積もりに来てもらった(3社目)
  • 賃貸解約手続きをしに不動産屋さんへ行った
  • 旦那にダブルベッドを捨てる決断をさせた!!
  • バイクの廃車手続きの方法を調べた

こんなところでしょうか。

 土曜日だったので役所も休みだし子供も家にいるしであまり進めることは出来ませんでした。

 引っ越し業者さんの見積もりは一昨日に2社、昨日は1社来てもらいました。

 引っ越し代は会社持ちなのですが、2社目が旦那の会社と取引があるから今ここでは金額を出せないので持ち帰りますとか言って早々に帰ってしまって、金額分からず。そのまま会社に金額を提示するそう。せこいやり方ですよね。しかも質問も何にもする余地も与えてくれず帰っちゃうんですから困ったもんです。

 私的には3社目の引っ越し業者を気に入ったのでこちらにお願いしたいのですが、なんせ引っ越し代は会社持ちなので会社に最終決定権があります。ややこいです。

 月曜日、旦那が「この業者が良いです!なぜなら~」と上手いこと言うてくれたら良いのですが、うちの旦那は口下手なのでそんな上手には言えないでしょうね(ノД`)・゜・。

 

 現住居の賃貸契約の解約手続きも行ってきました。

 敷金だか礼金だかを払い戻すための旦那の口座が分からず、いったん持ち帰ることにはなってしまったのですが、とりあえず分かったことは、来月分の家賃もかかる ということ。

 引っ越しまで1ヶ月切ってからの申告だし、月を1日跨いじゃってるしでしょうがないんですが、1日しか使用しないのに61000円払わなきゃいけないって痛いですよね💦6月分は旧居・新居どちらも家賃を払わなければいけない。引っ越し先の家賃が15000円という金額なのでまだ救われましたが。

 

 旦那、小さいころからずっとベッド生活でベッドは絶対捨てられないって言い張ってたんですよね。ベッドは場所取りで邪魔だと思っている私も半ばあきらめていたのですが、次の引っ越し先にダブルベッドを持ち込むと大変なことになることに気づいたんですよね。

 次の引っ越し先の社宅、めっちゃ狭いんです。

 今住んでる家は6畳部屋が3部屋と6帖ほどのDKと。今度引っ越す家は、6畳・4.5畳・3畳の3部屋とDKが4畳程度かな。とにかくかなり狭くなるんです。なので今は良いとしても、子供が大きくなったら4.5畳間に設置されたベッドがめっちゃ邪魔になって子供の場所すら作ってあげられなくなるんです。社宅に住める期間の最長10年住むとなると、上の息子は17歳、下の娘も14歳になりますからね~。ベッドに場所譲ってる場合じゃないでしょう。こういう話をしましたら、旦那も諦めたようでベッドを手放す決断をしてくれました。

 腰があまりよろしくない旦那なので、ごめんよ~と思いながらもここは我慢してもらうことにします。家族の快適な生活のために!!その代わり、旦那用に少しでも腰に優しい布団を買ってあげられたらなぁと思っているので、もしオススメの敷布団がありましたら教えてくださいませ☆貧乏なので安価なら尚良しです(笑)

 

バイクの廃車。

 我が家は夫婦二人とも原付に乗っています。ですが今回の引っ越しに伴い自転車生活に移行することになったので、原付を二台とも廃車にします。 

 でもバイクの廃車ってどうやるの!?と思い、いつもお世話になっているバイク屋さんに電話で問い合わせてみたところ、バイク所有者の免許証のコピーさえあれば手続きができますよ、とのこと。住民票だとかなんやかんや必要なものがあったりするんじゃないかと思っていましたが、簡単な手続きであることが分かり安心しました。

 旦那は通勤に原付を使っているので、引っ越し当日の廃車手続きになると思います。私も引っ越し手続きに走り回らなくちゃいけないので、手続きが一段落するまでは手放せそうにありません。原付さんには最後までしっかりと働いてもらいます◎

 

 今日は日曜日で旦那もお休み。

 小さい家具の解体なんかをやってもらいたいところなのですが、なんと会社の歓送迎会があるとかで午前中から出て行ってしまうそう。平日の事務手続きなんかは私がするしかないけど、土日は家の中の引っ越し作業くらいして欲しいわ!!

 なんでうちの旦那はこんなにぼけぇ~っとマイペースなんだろう。。。こんなんで仕事ちゃんと出来んのか?と心配になります。

 

スポンサーリンク