ぽよちの“ボロ&狭”社宅節約生活☆

四人家族、手取り20万円くらい世帯の専業主婦の節約生活ブログ

スポンサーリンク

【引越し】小学校転入手続きの方法について (覚え書き)

スポンサーリンク

引越しに関わる作業のうち、私が一番ややこしいなぁと思っていたのが、小学生の息子の転校手続きです。

私と同じようにお考えの方ももしかしたら多いんじゃないでしょうか????

もしかしたらまた3年ほどしたらもとの小学校に戻る可能性も無きにしも非ずなので、その時のためにまとめておきます。

もちろん私以外のどなたかのお役に立てればさらに幸いです。

 

1、在学中の小学校に転校する旨を伝える

転校が決まってまずやったことは、担任の先生に転校する旨を伝えることでした。

私は直接放課後に学校へ出向いて転校する旨を伝えましたが、電話でも大丈夫かなという感じでした。

学校から記入をお願いされた書類に、最終登校日新しい住所新しい小学校名など記入し提出しました。

私は転校する小学校がどこか把握していなかったので、新しい住所の属する役所に問い合わせました。

書類を提出することで学校は手続きをすすめてくださり、登校最終日までに“在学証明書”、“教科書用図書給与証明書”、“ゴム印”の3点を学校から受け取りました。

2、転校先の小学校に転校の旨を伝える

次に、転校先の小学校にも転校する旨を伝える電話をしました。

そうすると、引っ越し後の入学に関する手続きを細かく教えてくださいました。

 

1、(引っ越し先の)役所の市民課へ“在学証明書”をもって行く

2、そこで小学校入学の手続きをして、“入学通知書”を受け取る

3、“入学通知書””、“教科書用図書給与証明書”、“ゴム印”、“以前の学校の教科書”を持って、学校指定の時間に小学校に登校する

 

 以上です。

何も分からない状態で手探りでの手続きは面倒くさかったけど、こうやって書いてみると難しい手続きは一切ありませんでした。

登校初日の子供はそのまま担任の先生が教室に連れて行ってくれ、他の生徒さんと同じように5時間目まで授業を受けて、給食を食べて帰ってきました。(家までの道が分からないので数日間は送り迎えをしました。)

教科書は以前の学校で使っていたものと同じものに関してはそのまま継続利用、他のもに関しては学校が準備してくださいます。うちの子は音楽以外は買い直しでした。最初はとにかく連絡帳、筆記用具、書く教科のノート、上靴さえもって行っておけば問題ないんじゃないでしょうか。

 

そんな転入前の手続きよりも面倒くさいのが、入学後に渡されるお手紙類や記入書類の膨大なこと!!

学校によって、何もかもルールが違うので、全ての手紙に目を通してかつ把握しておかなければいけないし、書類も新一年生として入った入学時と同じように色々書かなければいけないし。ぼけぇ~っとTV見てる旦那の横で、小学校と幼稚園の書類を山積みにしてイライラしながら記入しましたよ!!

今後子供を連れてのお引越しの予定がある方は、入学後の手続きも覚悟しておいてくださいね~ 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク