ぽよちの“ボロ&狭”社宅節約生活☆

四人家族、手取り20万円くらい世帯の専業主婦の節約生活ブログ

スポンサーリンク

7月3週目・4週目の支出 & 帰省の不安

7月も最終週に入りました。

子供が夏休みに入り、給食がないので昼まで食事を用意しないといけなくなり、おやつの要求も増えておりますが、支出はどうなっているでしょう。

 

まずは報告し損ねていた7月3週目(7/15~21)の食費・日用品の支出

 

予算 14000円

残金 202円

支出 13798円

 

なんとか予算内に収まりました。週末レジャー時の昼食代等(スーパーのパンやジュースやお菓子)1300円ほどをレジャー費とせずにこちらから捻出したのが大きかったかな。

 

 

7月4週目(7/22-28)

予算 14000円

残金 1665円

支出 12335円

 

日用品に3500円ほど使用したものの、帰省をが近いこともあり、余分な食品の購入を控えたので残金に余裕を持って週末を迎えることが出来ました。

 

 

7月は残り3日間です。

予算は6000円。

うち3000円弱はコープの宅配で消えるので、実質予算3000円です。

いくら残せるかな??

 

 

 

話は変わりまして先週の出来事。

8月1日に帰省するよ、と実家の母に電話したところ、開口一番に言われた言葉が、

「今こっちバタバタしてるねん。」

でした。

ガンで病院入院と施設を行き来している要介護5の祖母がいるのですが、また月末か月初に病院から施設に戻る予定になっているらしく慌ただしいとのこと。

帰ってきても良いけど、うちにいるか分からんしバタバタしてるかも。

と、歓迎されていないようなそんな雰囲気でした。

電話を切った後考えました。

以前から母とは折り合いが合わないようなことがよくありました。

それは長期間一緒にいると顕著に現れ、私がまだ実家暮らしをしていた独身時代は日々の何気ない会話で突然キレられることは日常茶飯事だったし、産後実家に戻ったときもイライラする母にだんだん居辛くなり、1ヶ月くらいお世話になる予定でいたところ、2週間で旦那の元へ逃げ帰ったことを思い出しました。

今回は次いつ帰れるかわからんし、ちょっと長めに8月1日から10日間お世話になろうかなと考えていたのですが、電話の会話からそんな以前の記憶が甦り、またトラブルになるくらいなら短くしようかな、と迷ってしまいました。

どうしよう~と悩んでいたら、数時間後に母から電話が。

「8月1日に来たらいいやん、おいでおいで!おばあちゃんのことはどうにでもなるから。」

との事でした。

さっきとは打って変わって歓迎する電話。

自分の言い方が悪かったと思い直して電話してきたか、父に怒られたんだと思います(笑)

 

母は昔から遊びに出掛けようと誘っても、何かと理由をつけて嫌がったり、キレる理由が分からない場面で急にキレられたりということがよくありました。

1番ショックだった出来事は、私が母を旅行に連れて行こうと旅行パンフレットをいっぱい持ち帰って提案したら、何故かキレられて拒否された事。

少しでも親孝行出来れば、母と一緒に楽しめたらと思いワクワクしながら話を持ち出しただけに、ショックは相当なもので、さすがの私もその場で大泣きしました。

 

私が高校生くらいまでは母の嫌な記憶は一切無く、ぐーたらワガママ娘にもいつも穏やかに接してくれる母だったのですが、気づけばネガティブ思考ですぐ逆ギレするし、嫌味な事ばかりいう母になっていました。

更年期障害だったんでしょうか・・・。

最近は母とはつかず離れずの距離を保ち、トラブルにならないように気をつけることで表面上良好な関係を保っている状態です。

今回の10日間の帰省、正直どうなるか不安ですが母の顔色を窺いながらも上手に息抜きできれば良いなぁと思っています。

スポンサーリンク