ぽよちの“ボロ&狭”社宅節約生活☆

四人家族、手取り20万円くらい世帯の専業主婦の節約生活ブログ

スポンサーリンク

一人ぼっちを選んだ。

スポンサーリンク

新学期が始まり、幼稚園の帰りに幼稚園近くの公園に寄って遊ぶ習慣も復活した。

とても広い公園だし、幼稚園のすぐそばと言うだけあって、かなりの人数の幼稚園親子が毎日遊びに来ている。

色んな場所で2~3人のお母さんのかたまりが出来ていて、みんな楽しそうにお喋りをしている。

でも私はいつも1人。

娘を目で追っているか、ベンチに座ってただぼーっとしているだけ。

正直、羨ましいなって思う。

なんで私は1人なんだろうって思う。

 

中学や高校のクラス替えの時、大学生になったときも私はいつでも自分から見知らずのクラスメイトに声を掛けた。

自分から友達を作る努力をしてきた。

その甲斐あって友達は多かった。

でもいつからか数が多いだけの薄っぺらい友情ばかりなのに気付き、うつ症状も相まって友人のアドレスを携帯から削除し始めた。

それは何度も繰り返され、今では連絡を取り合える友人はビックリするくらいに少なくなってしまった。

たくさんの友人に囲まれて過ごしたはずの高校時代に出会った人の連絡先なんて、もう一つも残っていない。

でも今のこの“ 量より質”な人間関係に私は満足しています。

 

1人は寂しい。

それは否定しない。

でも昔みたいにただ単に寂しさを紛らわせるためだけにやたらめったら繋がりを増やそうとは思わない。

人に気を遣ったり媚びを売ったり無理に愛想を振り撒いたりするのにはもう疲れちゃったしね。

自然に過ごして、その中で深く親しくなれる人が現れるのを待つだけ。

なんとも消極的だけれど、そういうのもアリかなって最近の私は思ってる。

 

 

スポンサーリンク